【対策情報】竿竹商法


 当活動の目的からみて関係性は弱いですが、物事を法的に考える感覚を高めるという主旨で紹介することにしました。

 

 竿竹商法とは、実は社会問題になっている商法です。

 

竿竹商法(さおだけしょうほう)とは、竿竹を積載した自動車で住宅地などを巡回し、客の求めに応じて竿竹を販売する商法。

 

概要
従来より、自動車で巡回販売しているため販売者について知ることができず、購入後に商品の不具合に気が付いても苦情を言ったり交換したりして貰えないなどの問題があった。また、客のほうから販売者を呼び止める形式のため、クーリングオフ制度が適用されず消費者保護の点での問題もある。近年では、安価な値段を提示し購入を呼びかけるものの、客が実際に声を掛けると法外な価格での購入を迫る恐喝まがいの事案が各地で多発するなど[1]、社会問題となっている。

 

引用:竿竹商法 - Wikipedia

 

 長年町で暮らしているおじいちゃんがやってるおとなしい商売だと思ったら大間違いです。

 あなたが一生懸命考えた当事者活動が、実は竿竹商法的な性質を持っていたら嫌ですよね。せっかくの素敵な活動が怪しいと思われてしまわないよう、悪徳商法について理解を深めていきましょう。

 

参考